手話辞典・手話動画 - Weblio辞書
約1500語の手話を動画で紹介

手話辞典


  

  


「目」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/50件中)

が赤い」→〈〉+〈赤〉例文の「」は人や動物ののことで〈〉で表現。
が赤い」→〈〉+〈赤〉例文の「」は人や動物ののことで〈〉で表現。
が回る」→〈酔(よ)う〉例文の「が回る」は〈酔う〉で表現。〈酔う〉は一般的なが回るさまを表している。
が回る」→〈酔(よ)う〉例文の「が回る」は〈酔う〉で表現。〈酔う〉は一般的なが回るさまを表している。
にとまる」→〈見る〉例文の「にとまる」はに入る意味なので〈見る〉で表現。〈見る〉はものを見るさまで「見る」「気がつく」などを意味する。
にとまる」→〈見る〉例文の「にとまる」はに入る意味なので〈見る〉で表現。〈見る〉はものを見るさまで「見る」「気がつく」などを意味する。
「子供が起きる」→〈子供〉+〈覚める〉例文の「起きる」はをさます意味なので〈覚める〉で表現。〈覚める〉はを開けるさまを表している。
「子供が起きる」→〈子供〉+〈覚める〉例文の「起きる」はをさます意味なので〈覚める〉で表現。〈覚める〉はを開けるさまを表している。
をとめる」→〈見つめる〉例文の「をとめる」は注意して見る意味なので〈見つめる〉で表現。〈見つめる〉はじっと見るさまを表している。
をとめる」→〈見つめる〉例文の「をとめる」は注意して見る意味なので〈見つめる〉で表現。〈見つめる〉はじっと見るさまを表している。
< 前の結果 | 次の結果 >



©2022 GRAS Group, Inc.RSS