手話辞典・手話動画 - Weblio辞書
約1500語の手話を動画で紹介

手話辞典


  

  


「みる」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~8/8件中)

「老人の世話をする」→〈老人〉+〈世話〉例文の「世話」は身の回りのことをあれこれと面倒をみる意味なので〈世話〉で表現。〈世話〉は世話するさまで「世話を焼く」「面倒をみる」意味。
「老人の世話をする」→〈老人〉+〈世話〉例文の「世話」は身の回りのことをあれこれと面倒をみる意味なので〈世話〉で表現。〈世話〉は世話するさまで「世話を焼く」「面倒をみる」意味。
「料理の味」→〈料理〉+〈味〉例文の「味」は味覚の味を表すので〈味〉で表現。舌で味をみるさまを表す。
「料理の味」→〈料理〉+〈味〉例文の「味」は味覚の味を表すので〈味〉で表現。舌で味をみるさまを表す。
「客を扱う」→〈客〉+〈世話〉例文の「扱う」は世話をする意味なので〈世話〉で表現。〈世話〉は人のめんどうをみることを意味している。
「客を扱う」→〈客〉+〈世話〉例文の「扱う」は世話をする意味なので〈世話〉で表現。〈世話〉は人のめんどうをみることを意味している。
「とにかくやってみよう」→〈どちら〉+〈する〉例文の「とにかく」はいずれにしてもの意味で〈どちら〉で表現。〈どちら〉は「とにかく」「いずれにしても」の意味を表す。
「猿みたい」→〈猿〉+〈そっくり〉例文の「みたい」は似ている意味なので〈そっくり〉で表現。〈そっくり〉は右から左へそのまま写すさまで、「生き写し」の意味を表す。
< 前の結果 | 次の結果 >


法人向けの高品質な翻訳サービス


©2020 Weblio RSS