手話辞典・手話動画 - Weblio辞書
約1500語の手話を動画で紹介

手話辞典


  

  


「なかなか」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~8/8件中)

なかなか行けない」→〈行(ゆ)く〉+〈なかなか〉例文の「なかなか~ない」は〈なかなか〉で表現。〈なかなか〉は「なかなか~ない」などの形で否定形にだけ使う。
「どうもできない」→〈なかなか〉+〈難しい〉例文の「どうも」はどうしてもの意味で〈なかなか〉で表現。〈なかなか〉は「なかなかできない」など否定の意味にだけ使われる。
「帰りが遅い」→〈帰る〉+〈なかなか〉例文はいつもより時間がたっている意味なので〈なかなか〉で表現。〈なかなか〉は待ちぼうけになっているさまを表している。
「帰りが遅い」→〈帰る〉+〈なかなか〉例文はいつもより時間がたっている意味なので〈なかなか〉で表現。〈なかなか〉は待ちぼうけになっているさまを表している。
「思うように行かない」→〈なめらか〉+〈難しい〉例文の「思うように行かない」は思うほどにものごとが円滑に進まない意味。手話はものごとがなかなかスムーズに進まない意味を表す。
「思うように行かない」→〈なめらか〉+〈難しい〉例文の「思うように行かない」は思うほどにものごとが円滑に進まない意味。手話はものごとがなかなかスムーズに進まない意味を表す。
「難しい仕事」→〈難しい〉+〈仕事〉例文の「難しい」はなかなかできない、困難の意味なので〈難しい〉で表現。〈難しい〉はほおをつねって「難しい」「困難」の意味を表す。
「難しい仕事」→〈難しい〉+〈仕事〉例文の「難しい」はなかなかできない、困難の意味なので〈難しい〉で表現。〈難しい〉はほおをつねって「難しい」「困難」の意味を表す。
< 前の結果 | 次の結果 >


法人向けの高品質な翻訳サービス


©2020 Weblio RSS