手話辞典・手話動画 - Weblio辞書
約1500語の手話を動画で紹介

手話辞典


  

  


「つける」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/23件中)

「日記をつける」→〈いつも〉+〈書く〉「日記」は毎日つけるものなので〈いつも〉+〈書く〉で表現。〈いつも〉+〈書く〉は「日記」「日記をつける」「日記を書く」などの意味を表す。
「日記をつける」→〈いつも〉+〈書く〉「日記」は毎日つけるものなので〈いつも〉+〈書く〉で表現。〈いつも〉+〈書く〉は「日記」「日記をつける」「日記を書く」などの意味を表す。
「ごちそうに箸をつける」→〈おいしい〉+〈食べる〉例文の「箸をつける」は食べる意味なので〈食べる〉で表現。〈食べる〉は食べるさまであるが食べるものによって表現は変わる。
「ごちそうに箸をつける」→〈おいしい〉+〈食べる〉例文の「箸をつける」は食べる意味なので〈食べる〉で表現。〈食べる〉は食べるさまであるが食べるものによって表現は変わる。
「ごちそうに箸をつける」→〈おいしい〉+〈食べる〉例文の「箸をつける」は食べる意味なので〈食べる〉で表現。〈食べる〉は食べるさまであるが食べるものによって表現は変わる。
「鉛筆で丸をつける」→〈鉛筆〉+〈丸〉例文の「丸をつける」は〈丸〉で表現。〈丸〉は丸を描くさまで丸の大きさによって表現は変わる。
「鉛筆で丸をつける」→〈鉛筆〉+〈丸〉例文の「丸をつける」は〈丸〉で表現。〈丸〉は丸を描くさまで丸の大きさによって表現は変わる。
「イ」を頬につけ、下顎骨にインプラントが埋まっている様子を表現する。
「値段をつける」→〈金(かね)〉+〈数〉+〈決める〉「値段」は価格、金額のことで〈金(かね)〉+〈数〉で表現。手話は「いくらの金額」の意味を表す。
「値段をつける」→〈金(かね)〉+〈数〉+〈決める〉「値段」は価格、金額のことで〈金(かね)〉+〈数〉で表現。手話は「いくらの金額」の意味を表す。
< 前の結果 | 次の結果 >



©2020 Weblio RSS