手話辞典・手話動画 - Weblio辞書
約1500語の手話を動画で紹介

手話辞典


  

  


「しよう」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/26件中)

「中ぐらい」→〈中(ちゅう)〉+〈くらい〉例文の「中(ちゅう)」はなかほどの意味なので〈中(ちゅう)〉で表現。漢字「中」の字形を表している。
「中ぐらい」→〈中(ちゅう)〉+〈くらい〉例文の「中(ちゅう)」はなかほどの意味なので〈中(ちゅう)〉で表現。漢字「中」の字形を表している。
「目が回る」→〈酔(よ)う〉例文の「目が回る」は〈酔う〉で表現。〈酔う〉は一般的な目が回るさまを表している。
「目が回る」→〈酔(よ)う〉例文の「目が回る」は〈酔う〉で表現。〈酔う〉は一般的な目が回るさまを表している。
「あの山」→〈あれ〉+〈山〉「あの」は方向を示している。手話はさし示そうとするものの方を指さすことで表すが、そのものの方向によって手話の向きは変わる。
「受付係 1」→〈受付〉+〈腕章〉「係」は担当あるいはその責任をあずかる立場のこと。〈腕章〉は担当を示す腕章、〈責任〉は肩に荷う責任を表している。
「受付係 1」→〈受付〉+〈腕章〉「係」は担当あるいはその責任をあずかる立場のこと。〈腕章〉は担当を示す腕章、〈責任〉は肩に荷う責任を表している。
「生存競争」→〈生きる〉+〈争う〉例文の「生存競争」は生きていくための競争の意味で〈生きる〉+〈争う〉で表現。〈争う〉は相手の上に出ようと争うさまを表している。
「生存競争」→〈生きる〉+〈争う〉例文の「生存競争」は生きていくための競争の意味で〈生きる〉+〈争う〉で表現。〈争う〉は相手の上に出ようと争うさまを表している。
「中学校の生徒」→〈中(ちゅう)〉+〈教わる〉+〈人々〉例文の「生徒」は単に教えを受けている人の意味なので〈教わる〉+〈人々〉で表現。〈教わる〉は教わるさまを表している。
< 前の結果 | 次の結果 >



©2022 GRAS Group, Inc.RSS